山梨県北杜市2号機

2010年3月23日、北杜市で2機目となるアニマルパスウェイが完成し、運用を開始しました。

上の赤いピンがアニマルパスウェイ2号機の位置(下は1号機)。

県道11号(八ヶ岳高原ライン)の美ヶ森交差点付近。

アニマルパスウェイ北杜市2号機完成イメージ

設計および施工は清水建設が担当しました。

全長:約13m
高さ:約6.9m

工事の様子

1. 建柱

思わぬ大雪の影響で1日遅れの工事となりました。
深い雪が残る中でしたが、無事2本の柱が完成しました。

建柱工事の様子建柱工事の様子2建柱工事の様子3

2. 足場の設置・電設工事など

2本の支柱に足場を設置。
雪は少し溶けたものの、未だシャーベット状で足下が悪い状態でした。

足場が取り付けられた東側の支柱足場が付いた西側支柱の上部東側支柱の足下周辺の様子
杉皮材の巻き付け作業の様子

支柱に人口の杉皮材を巻き付け、動物が上りやすいようにします。

その後、金物取付や電気の引き込みなどの工事が行われました。

東側支柱の根本部分 足場が付いた西側支柱 東側電工BOX 足場がついた2本の支柱

3. 上部の組立作業

研究会メンバーがボランティアで参加し、フレーム・床・屋根・待避所などを組み立てました。雪はすっかり溶け、支柱脇の森の中での作業となりました。

パスウェイの屋根をフレームに留める作業組み上げたパスウェイを手運搬で道路へ。

4. 支柱への取付工事

架設地に交通規制を敷き、組み上げたパスウェイをクレーンで持ち上げ、支柱に取り付けます。
小雨がときどき雪に変わる寒い一日でしたが、風が無いのは幸いでした。

5. モニタリング設備の設置

モニタリングカメラとHDレコーダーを現地に設置・テストを行いました。前日にカメラハウジング内のセットや電工BOX内の工作作業を済ませていましたが、予想外のトラブルで北側のカメラ1台でのスタートとなりました。

6. 導入路整備と巣箱・餌台の設置

アニマルパスウェイの入口から両脇の森へ、円筒形のパイプを伸ばして導入路を設置しました。動物をパスウェイまで誘導するため、リス用の餌台とヤマネ・ヒメネズミ用の巣箱も設置しました。

7. 完成・運用開始

1日で足場の撤去まで行い、夕方には完成写真を撮影することができました。
モニタリング録画も本日より開始。あとは一日も早く動物が利用してくれることを祈るのみです。

完成した北杜市2号機の全景完成した北杜市2号機の南側完成した北杜市2号機の北側

↑ ページの先頭に戻る