研究会サイトトップへ モニタリングのトップへ

みなさまへ

あなたも調査員へのご協力誠にありがとうございます。
みなさまのご協力により、2010年の調査では、トータルで63回の樹上性動物のアニマルパスウェイ利用が確認できました。(内訳は、ヒメネズミ 59回、ヤマネ 1回、ニホンリス 1回、ホンドテン 2回、その他鳥など14回です。)

 国内外に森の中を走る道路は、たくさんあり、動物たちは餌をとるにも、巣を造るにも、異性と出会うにも困っています。
 私たちは、人の社会と森の動物との共生の具体的な方法としてアニマルパスウェイを
開発・普及していきたいと願い、多くの人々に参画していただくために2010年より「あなたも調査員」の活動を始めてまいりました。

 今後とも一緒に参加していただければ幸いです。新たなデータとして、2012年7月9日より2012年9月12日までの調査を行います。みなさまの参加・協力をお待ちしております。

利用状況

2010年データの調査において、みなさまからのご報告で動物の利用が確認できた時間の映像の中から、代表的な映像をご紹介します。

ヒメネズミの利用が確認されました。1時間の間に行ったり来たり、9回も登場します。(2010年9月29日18時)
ヤマネの利用が確認されました。(2010年9月30日 1時45分36秒頃)
テンの利用が確認されました。(2010年10月18日 1時45分36秒頃)
初めての方はこちらからご参加ください
モニタリングシステムはこちらへ
アニマルパスウェイ研究会について
やまねについて詳しく知りたい方は